人気ブログランキング |

10連休の後遺症⁉️

10連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私どもは、いつもは365連休なので💦 連休中は民宿の女将と番頭で、頑張りました。
後遺症は、、心地よい疲れと、、一抹の寂しさ、、、かな、、

最多8人分の食事作りでしたが、、それも賑やかな食事ができるのが嬉しくて苦にもなりませんでした。若人や子供たちからエネルギーと笑いをもらって、、アドレナリンが出まくって、、

遊園地や動物園にお付き合いすると体力測定にもなりますね。
地元のレトロな遊園地、、半世紀以上前には東京にもいくつかあったような懐かしい遊園地、、
3歳児の孫にはちょうどいいぐらい、、
動物園も至近距離でライオンがいたり、、もぐもぐタイムがあったり、、

f0198556_12041895.jpeg

今年は庭の枯葉掃除隊を結成して、みんなできれいにしてくれて、、感謝、感謝!
若い人のパワーはすごい!
仕事のストレスを発散できた👍って。
確かに無心に枯葉を履いて、下から緑の芽🌱や苔が出てくると、、癒されるかな、、

f0198556_12043109.jpeg


ご近所さまにお願いしてクッキーのアイシング教室も開催して頂いて、、
これまた無心になって女子たちは楽しませて頂きました!

準備が大変だったと思いますが、、基本を習って我が家でも2時間ぐらい熱中してました。甘い香りが家中に漂って、、幸せな時間💕

f0198556_12265601.jpeg


町も少しは落ち着いてきたようです。遅れていた山桜がやっと開花しました。

f0198556_11042972.jpeg

# by june-jolly | 2019-05-08 12:34 | 自然 | Comments(0)

冬眠から覚めてもまだまだ森の枯れ木は芽吹きませんし、山桜の蕾もまだ硬く春はもう少し先ですが東京の桜はもう散ってしまいました。

そんな時に長女からお出かけの誘いがきました。
行き先は3歳の孫息子の大好きな動物園。
それも、、上野動物園。東京生まれ東京育ちの私ですが上野は乗り換えでしか降りたことがなく上野動物園も行ったことがありません。

桜で有名な上野公園、博物館、美術館も文化会館にも行ったことがないのでこれはいい機会だと大喜び。上野駅の公園口を出ると目の前に文化会館、その右手には西洋美術館がありました。
f0198556_18401123.jpeg
人の流れに乗って歩いて行くと目の先に上野動物園の看板が見えました。
その手前で人の流れが右に曲がっていきます。

遠目で見えたのが博物館でした。修学旅行生たちの群れもそちらに移動して行きました。動物園は春休み後、連休前で開園直後でしたので閑散としていました。

入園料も大人1名とシニア1名で¥1000でお釣りがきました‼️

入るとすぐ右手に人気のパンダ舎があってすでに待ち時間が30分、、、
3歳児が列に並んで待てるか?なので長女と相談してまずは他の動物を見て。帰りに空いていたら、、ってことにしました。

初めての動物園ですが順路もきちんと整備されていて、そこかしこにきれいなお花や樹木が配置されていました。3歳児が真っ先に駆け出した先は、、
f0198556_18563043.jpeg
f0198556_18431758.jpeg
ン10年前に行ったタイで象の背中に乗ってその高さに驚愕、生えてる毛が針金のように硬かったのは記憶に残ってます。

お目当てのライオンが昼寝中でお掃除のおじさんが「今日はきっと、夜まで寝てるよ!」って言うので諦めて、、、
f0198556_23322448.jpeg
次のお目当てはゴリラ軍団、、
f0198556_18574130.jpeg
どの動物のところにもなぜかシニアのおじさまたちがいて動物がよく見えるところを教えてくれたり、あれがママでコレが娘、、とか説明してくれます。
ボランティアガイドさんでもなく常連さんなのです。

このゴリラ嬢は昨日から風邪気味で具合が悪くて弟が心配してそばにいるんだよ、、なんて聞いたら、、本当に寒そうにしてました。
f0198556_21251358.jpeg
ここでも3歳児はずっと水槽に張り付いてました。
f0198556_23403634.jpeg
この表情は癒やし系ですよね。
f0198556_21243925.jpeg

ちょうど餌付けしていたホッキョクグマも迫力ありました。
f0198556_18571294.jpeg

夢を喰うバク、、ってどう言うことなのかしら?
f0198556_18582854.jpeg

コビトカバ、、って差別用語にはならないのかしら?
f0198556_18595757.jpeg
いつ見ても優雅な動き
f0198556_19004469.jpeg
動作がユニークで飽きずに見ていられます。
f0198556_19010630.jpeg
f0198556_19002767.jpeg
なぜかフラミンゴも好きらしい、、
f0198556_21232435.jpeg
園内を一巡してお弁当を食べてそろそろお昼寝タイムなので帰途につくことにしましたが、、パンダ舎の前で待ち時間20分になっていて列が動いてます。

行くか‼️って並んだら、、10分ほどで入り口に!
そこで子連れは別の入り口からすっと入れてもらえてパンダの檻の前列に行けました。

残念ながらシャンシャンはいなくてお父さんのシンシンが出迎えてくれました。
f0198556_19013021.jpeg


f0198556_19015307.jpeg

f0198556_19021407.jpeg
やっぱり生パンダは迫力がありました!時々見に行きたくなりそうな魅力ある動物でした🐼🐼

# by june-jolly | 2019-04-27 00:03 | 自然 | Comments(0)

新しい生命-その3

昨年の9月の信じられないような経験からすでに半年が過ぎました。

新生児集中治療室で1ヶ月間過ごした孫は、毎日母乳をグビグビ飲み、体力がついて来て、2週間で退院できるまでになりました。

出産時に4kg近い体重だったので、辛い治療にも耐えられる体力があったことは幸いでした。
脳のMRIやCT検査の結果も良好で何の問題もないと、2人の脳外科医に言って頂いて、心からほっとしました。

ばあちゃんは退院時にまたハワイに行き、娘たちのご飯作りや、孫をお風呂に入れたりと奮闘!

新米パパママには心身ともにつらく、悲しい日々が続いたので私がいる時にちょっと気分転換に2人でディナーに行かせて、、ベビーは私のお腹の上でスヤスヤ💤

ベイビーの成長は早い!桜の開花の頃に孫も生後6ヶ月になりました。
f0198556_16250772.jpeg
そして3月下旬には母の百歳のお誕生日を祝うべく、孫連れで次女一家が来日、、2週間の滞在で元気な孫と遊べる時間がたっぷりあって幸せでした。
100歳違いの母とも、、初めまして!でした。

f0198556_16274982.jpeg


f0198556_16262168.jpeg



これからも子育て中にはいろいろなことが起こるでしょう、でも、この生命が守られて生かされたことを思えば乗り越えていけるでしょう。
今年の桜を🌸孫と一緒に見られて嬉しかったです。


f0198556_16470931.jpeg
孫は来てよし、、帰ってよし、と言いますが 帰って寂し、、が本音です💦

ご心配をおかけした皆様には心からのお礼を申し上げます。
生命力があった孫とそれを信じて見守っていた若い両親、、、心から信じることの大切さを学びました。
そして、、やっと森のおうちの庭にも春の息吹が感じられるような光景が、、、

f0198556_16463769.jpeg
f0198556_16465173.jpeg
恒例の春冬子も収穫できました。
f0198556_15443675.jpeg
山菜の収穫ももうすぐです!

# by june-jolly | 2019-04-25 17:45 | いろいろなこと | Comments(0)

新しい生命-2

昨年の9月末の2人目の孫の出産立会いでハワイに滞在、思いがけない経験をしました。
陣痛が始まって、数時間が経過、、なかなか陣痛の間隔が狭まらない、、婿と私も、頻繁に時計を見る、、、陣痛微弱?と思いながらもひたすら待つ、、

病院の窓から見るホノルルの空はとてもきれいです。
f0198556_11483558.jpeg
米国での医療は本人の意思と保険会社の決定権が最も優先されます。
娘は無痛分娩ではなく、自然分娩での出産を希望していました。

私もアメリカで5年以上、病院の受付の仕事をしていたので多少は治療内容や医療用語や薬の名前や、ドクターやナースの説明も分かったので安心できましたが、、、
それにしても、、陣痛が始まって6時間経っても、、ベビーがおりてこない⁉️

自然分娩を希望してるのでその時点でも陣痛促進剤も投与されず、、入院して7時間経過、、その時点で娘は無痛分娩に切り替えることにしました。

無痛分娩に切り替えたので娘も食事やスマホで友人たちとおしゃべり、、
f0198556_11452673.jpeg
f0198556_11534901.jpeg
無痛分娩に切り替えて数時間後、そろそろ産まれても⁉️と思いながら分娩室には婿だけが立ち会うので私は待合室で待機。

個室の分娩室のドアの横には妊婦とベビーの心拍数や血圧がモニター表示されているので時々、それをチェックしていました。
f0198556_12003496.jpeg
そろそろ産声が聞こえるかな、、と分娩室の前で待ってると、、、開けっ放しのドアから複数の声が入り混じって聞こえるので❓❓何かあったか!と入ると、、
婿が泣きそうな顔で「緊急に帝王切開になった!」

すでに主治医、麻酔医、ナースが数人いてすぐに娘は手術室に搬送されました。
手を握る時間もないほど急いでました。

婿は手術室へ同行。私は手術室前の椅子で待つことになりましたが夜中で誰一人いない暗い廊下で待つ時間は心細い、、、

帝王切開ならすぐに産声も聞こえるし、、と思いながらもなぜ、帝王切開になったのかもわからずに不安が増します。祈るしかありません。

日付が変わった頃に、院内にコードブルー!コードブルー!とアナウンスが!
すぐに娘の手術室だってわかりました。

院内の手の空いてるドクターやナースがどんどんスクラブして手術室へ入っていきます。この時は 娘が?ベビーが?それとも2人が?と不安で心臓が破裂しそうで、握りしめた手が真っ青になってました。

30分ぐらいでコードブルーで飛び込んでいったドクターたちが手術着を脱いでゾロゾロと出てきました。
このドクターたちは私には見向きもせずに、声もかけずに各自の持ち場に戻ります。
一体、何があって、、今どんな状況なの?って座ってられません。

その時に手術室の裏口から突然、インキュベーターに数人が付き添って小走りで出てきました!ベビーだ‼️
娘は?婿もいたのでまずは娘の様子を聞きました。娘は無事でした!
呼吸が微弱だった孫は(4kgもある男児でした!)すぐに新生児集中治療室(NCIU)のある病院への移送が決定、、
それからの数時間は私たちには過酷な時間になりました。
でも、移送先の病院から救急救命医が到着、移送準備に入りましたがその手際の良さとチームワークがすごい!
f0198556_13021649.jpeg
この段階では婿だけが新生児室に入って、ドクターからの説明とか聞いています。
娘はストレッチャーに寝たまま入り口で私と移送作業を見守っていました。
と、、その時、1人の年配のナースが私に「おばあちゃんですか❓
じゃあ、中に入ってそばに行ってあげて‼️」って言ってくれました。

本当は両親以外はoff-limitsなのですが、、、いいの?って問うと、、、
「私がここの責任者だから、、誰にも文句言わせないから❗️いいのよ❗️」って。
その時初めて涙が溢れました。
f0198556_13014729.jpeg
出産後、3時間で孫とは一旦、お別れです。
婿は孫に付き添って移送先の病院へ、、私は術後の娘に寄り添います。
移送される直前にインキュベーターに入ってる孫に娘が触れられるように病室に立ち寄ってくださり、娘は膝を撫でたり、、話しかけたり出来ました。

ちょっと重いお話ですが、、新しい生命-その3、、までお付き合いくださいませ。

# by june-jolly | 2019-01-19 13:18 | いろいろなこと | Comments(0)

新しい生命-その1

昨年の秋に起こった事は私の人生で最も辛いことだったかも知れません。
新年早々ですがその出来事を話せるようになったことに感謝したいと思っています。
次女は🇺🇸米国人と結婚、ハワイで仕事をしています。
f0198556_19353199.jpeg
9月下旬に出産予定で私が2週間滞在して手伝うことになっていました。
すでに性別もベイビーの大きさも分かっていました。

予定日の一週間前で、すでにベイビーは4kg!!
娘の体重もかなり増えていて、足の浮腫もひどかったのでちょっと心配でした。
私自身が双生児出産の経験があり、重度の妊娠中毒症に罹患したので、、、

娘夫婦はアメリカの医療保険を受けているので日本の医療保険とは相違点も多く、診療内容もかなりちがうので妊娠中の診療内容も不安なこともありましたが娘夫婦が信頼しているドクターの指示に従ってきたのでそれを見守ることにしました。

ベイビーが大きいのでいつ産まれてもいい状況でしたが、なかなか出産の兆候も出てこないので娘と2人でランチに行ったり、アフタヌーンティーを楽しんだり、、
f0198556_18594628.jpeg
f0198556_19014354.jpeg
娘の自宅の近くには気軽に朝食を楽しめるお店もたくさんあります。
Egg Benedict
f0198556_19035677.jpeg
Avocado sandwiches
f0198556_19041515.jpeg
French toast
f0198556_19054780.jpeg
Banana waffles
f0198556_19044885.jpeg
ビーチにも行ってなんと!臨月でビキニを着て海に入ってプカプカ浮いてました!えっつ!大丈夫なの、、と言うと、海の中にいる方が浮力があって楽だとか、、
f0198556_19373680.jpeg
確かに他にも数人の妊婦さんが見事なお腹でプカプカ浮いていました‼️そろそろかな、、って思っていたら予定日の3日前の🌕満月に夜に陣痛が始まりました。病院まで婿の運転で30分。ホノルルの総合病院の個室へ入院。
f0198556_10424662.jpeg


ベッドやモニター、テレビにソファ完備!
f0198556_10441753.jpeg
食事も家族妊婦もホテル同様にメニューからルームサービスが出来ます。
f0198556_10432202.jpeg
自宅からアロマやオーディオなども持ち込めるので、
f0198556_10444410.jpeg
娘は陣痛の合間にいい香りの漂う部屋でジャズを聴いたり、婿と2人でフットボール観戦。私は応接室があるのでそこで本を読みながら待機。新しい生命-2に続く、、、、

# by june-jolly | 2019-01-13 11:02 | いろいろなこと | Comments(0)

新年を寿ぎ、、

秋から冬への時の流れが感じられないままに年を越し、、
真冬に突入しました❄️長いことブログをサボってしまいました。

Instagramの簡便さやLINEの瞬発性に呑み込まれていたのかも知れません。

まずは新しい年を元気に迎えられたことに感謝です。

秋に思いがけないことが起こり、心痛める日々が続きましたが冬の訪れと共に癒され今は喜びが与えられました。

クリスマスを祝えるかしら、、と思いましたが例年通りもみの木を飾り、家の中も賑やかになりました。
f0198556_13044757.jpeg


f0198556_13034102.jpeg
年末年始は幼い子の声が家中に響いて森のお家もシニアだけの生活から活性化?覚醒?しました。
一応、なんちゃっておせちを作って、新年を迎えました。
f0198556_12594928.jpeg
f0198556_13004281.jpeg
f0198556_13023765.jpeg
孫は雪遊びを楽しみに来たのに今年は雪無し低温乾燥好天の気候が続いてるので近場の公園でも大満足でした。
f0198556_13190172.jpeg
氷点下10℃以下の朝は霧氷が見事です!
f0198556_13060356.jpeg
陽が当たるとあっという間に霧氷は消滅、、
かわいい冷凍?植物の写真を撮りにモコモコ着込んで出かけます。
f0198556_13225852.jpeg
f0198556_13222864.jpeg
f0198556_13233106.jpeg
f0198556_13231512.jpeg
この寒さの中、庭で見つけた天蚕。
枯れ木とモノトーンの世界に鮮やかなグリーンが目に入り、葉っぱかしら?と思いきや、、楢やクヌギの葉を食べる天蚕でした‼️
楢とクヌギしかない我が家に来てくれて感激!
f0198556_13054694.jpeg
見つけてから1ヶ月以上が過ぎてこの極寒なのでもう、空き家でしょう、、でも、今朝もちゃんとぶら下がっていました。トトロってネーミングしました。
f0198556_13302774.jpeg

# by june-jolly | 2019-01-12 13:35 | いろいろなこと | Comments(0)

秋めいて、、🍂

秋雨前線が活発ですが気温は徐々に下がってきて、朝夕は長袖着用です。庭や森にも秋色のお花や葉が目につくようになってきました。
f0198556_18010628.jpeg
f0198556_17573242.jpeg
f0198556_17575218.jpeg
桃栗三年柿八年、、、数年前に植え替えた山栗が今年は豊作です🌰
f0198556_18021062.jpeg
f0198556_18023264.jpeg
水引草
f0198556_18013961.jpeg
f0198556_17594761.jpeg
f0198556_18001527.jpeg
紅葉は🍁夏の気温が暑すぎたせいなのか、赤茶けて枯れている木も多いよういです。
f0198556_17591913.jpeg
これからは一気に秋めいてきそうです。
# by june-jolly | 2018-09-10 18:14 | 自然 | Comments(0)

息子のスイス旅行🇨🇭

9月になってちょっと秋めいてきたかしら、、と思う間も無く大型台風が日本列島を直撃、その被害状況も明らかにならないうちに北海道を襲った大地震、、、大雨をたっぷり含んだ火山灰地の山々が震度7の揺れで崩れ落ち、山の麓に暮らす多くの人々の命が奪われてしまいました。心が痛みます。
f0198556_17223783.jpeg
まるで引っ掻かれた爪痕のようです。
札幌市内のライフラインも大きな被害をもたらしました。
大都市の天災への守りも改めて再考せねば、、、

ちょうど日本が台風に襲われている時に遅い夏休みを取った息子夫婦が初めてのスイス旅行に出かけました。
私もスイスには行ったことがありませんが彼らの旅の行程をSNSのお陰で一緒に楽しめました👍
山岳列車や山岳ホテル、山登りが趣味の2人にはマッターホルンを見ながらのトレッキングも魅力的だったようです。お天気に恵まれたことが何よりでした。
f0198556_17125675.jpeg
まずはアイガー北壁、、、快晴続き☀️空の青さも違いますね。
f0198556_17105262.jpeg
f0198556_17111070.jpeg
マッターホルンがこの時期にここまで美しい山容を見せてくれるのも珍しい❗️
f0198556_17095435.jpeg
朝焼けのマッターホルン
f0198556_17115626.jpeg
f0198556_17122386.jpeg
エーデルワイスの群生も素敵です。
f0198556_17102993.jpeg
f0198556_17101218.jpeg
トレッキング中にもLIVE 動画のお陰で一緒に歩いてるような気になりました。
熊よけの🐻カウベルを買ってきてもらいましたが音色が本当に優しくて、、
これで熊さんたちがが退散してくれるのかしら?当分は飾っておこうっと!
f0198556_17113016.jpeg
こんなに素敵な景色が見られるなら、、行って見たいなスイス🇨🇭

# by june-jolly | 2018-09-10 17:54 | お出かけ | Comments(0)

夏休み🍉夏休み🎶

今年の夏は本当に今までにない猛暑、そして台風も頻繁にやって来ました。避暑地が避暑できない暑さに見舞われてエアコンのない別荘の方々は朝夕も暑くて、、、と、都会のエアコン付きの自宅に戻られる方も多かったそうです。我が家は同居していた母の部屋にひとつだけエアコンがあるのでその部屋で涼む時間が多かったです。助かった‼️数年前に植栽したお花が今年初めて咲いてくれて、、お庭も賑わいました。
f0198556_23141455.jpeg
f0198556_23131410.jpeg
f0198556_23253342.jpeg
f0198556_23273967.jpeg
f0198556_23500276.jpeg
今年のお泊り客は7月〜8月で5組15人。涼しさを求めて来て下さるのにこの暑さでは、、と思ったのですが皆さま、朝夕の気温の低さや水の冷たさ、エアコンなしで眠れた!と喜んでくれたので臨時ペンションの女将としてはホッとしました。2歳の孫が来る‼️張り切っていろいろ用意しちゃいました。仕事持ちの娘も思いっきり息子と遊んでました。
f0198556_23151680.jpeg
夕方のゲリラ豪雨で☔️お水遊び💦
f0198556_23333908.jpeg
ひとりでお滑りも出来ます!
f0198556_23325836.jpeg
今回ご執心だったのは、、うちの車の🚘ミニカーでした。やっぱり男の子👦🏻
f0198556_23561440.jpeg
f0198556_23320453.jpeg
曽祖母に会いに行ってから無事に帰宅、、孫は来て良し、帰って寂し、、でした。
# by june-jolly | 2018-08-18 23:59 | お出かけ | Comments(0)

山は⛰素敵‼️

夏山のシーズンになりました。私は海の景色を見るのは好きですし、水族館巡りも趣味ですが、、、どちらかと言うと山派かな、、、と言っても登山経験はほとんどなくて富士山一回、2500m級に一回登ったぐらいです。
東京の近郊の高尾山には数回登りましたが今は高尾山より標高が高いところに住んでいるのでちょっとお山のてっぺんにいる気分です。

山は登って見る景色は格別ですが、なかなか自力で見に行くのは無理なので最近は山男の息子の写真を見ながらため息をついています。彼は大学では山岳部と写真部で脚と腕を鍛えたようです105.png

海の日の三連休に行った唐松岳山頂から、、
f0198556_21251846.jpeg
ご来光
f0198556_22040700.jpeg
f0198556_21253794.jpeg
上高地は彼の好きな山の1つ。
f0198556_21263930.jpeg
f0198556_21265604.jpeg
f0198556_21273168.jpeg
谷川温泉から見た冬の谷川岳
f0198556_21255316.jpeg
南アルプスや中央アルプスの山々から見える富士山はやはり孤高の山ですね。
f0198556_21261193.jpeg
f0198556_22044595.jpeg
四季折々、姿を変える山々の表情を体感できるのが山登りの魅力の1つでしょう。
息子の写真は楽しみですが、親としては遭難の危険はいつも気にかかります。
どうか、自然の脅威の前には常に謙虚に、、、ですね。

# by june-jolly | 2018-07-27 22:31 | 自然 | Comments(0)